清酒(日本酒)の山本本家の商品紹介

2009/9/30 水曜日

今年の秋の京都のイベントスケジュール

Filed under: イベント情報, 事務員日記 — sinsei @ 10:30:45

秋になって、外に出るのが清々しく気持ちよくなってまいりました。

秋はハイキングや行楽に最適な季節。

秋の伏見を散策するのにもってこいです。

 

さて、今私が分かる範囲でこの秋の京都のイベント情報をお伝えしたいと思います。

 

10月1日(木)~5日(月)
北野天満宮
ずいき祭り
大小2基の神輿の屋根はすべて「ずいき」(里芋の茎)で出来ています。
全体の飾り付けは唐辛子・ホオズキ・トウモロコシ・カボチャなどや乾物類、乾燥した花など。

 

10月3日(土)~10月11日(日)
御香宮
神幸祭
室町時代の風流傘の伝統を今に伝え「花傘まつり」といわれる洛南の大祭。別名「伏見祭」。花傘総参宮(10日)に始まり、神輿や武者行列・神輿宮入(11日)などが催されます。大手筋商店街の中を、花笠を持った人々が練り歩く華やかなお祭りですよ!
派手好みの太閤はんらしいお祭りです。
御香宮では屋台も出て、大盛り上がりの1週間。伏見をあげてのお祭りですので、盛大にとりおこなわれます。

 

10月11日(日)~10月13日(火)
壬生寺
壬生狂言
壬生狂言は、鎌倉時代に融通念仏の教えを
一般の人たちにわかりやすく身振り手振りで説いたのが始まりといわれ、
わが国でも珍しい仏教無言劇。
鉦や太鼓、笛の音に合わせてひなびた面をつけた人たちが演じていく。

10月17日
伏見
酒サムライ
全国の蔵元が京の酒どころ伏見に集結!
300蔵が揃い踏み。

10月19日(月)
野宮神社
野宮神社例祭
源氏物語で有名な野宮神社から嵐山保津川岸まで
華やかな衣裳を身につけた人々の行列が、平安時代の王朝絵巻を再現します。

10月22日(木)
由岐神社
鞍馬の火祭り
京都の三大奇祭のひとつで、京都市登録無形民俗文化財です。
男達の担ぐ、約200本もの松明が、仁王門前の石段に勢揃いし、
一面炎に包まれる光景は迫力があります。

 

10月22日(木)
時代祭
代祭は、祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられています。
維新勤王隊列を先頭に、江戸~延暦の各時代の衣裳をまとった行列が華やかに巡行します。
参加人数は総勢2,000名、その行列の長さは約2kmにもわたります。
およそ1時間半に及ぶ1000余年の歴史絵巻を、お楽しみください。

 

そして!
忘れてはいけないのが、伏見銘酒組合で毎年開催されております、酒蔵開き!
今年のスケジュールは下記の通り。



秋は京都のお祭りが目白押し!

もみじにはまだちょっと早いですが、息抜きに京都に来て、是非お祭りに参加してください!