清酒(日本酒)の山本本家の商品紹介

2007/8/22 水曜日

日本酒を使った冷たいデザート

Filed under: 事務員日記 — sinsei @ 16:34:41

毎日暑い日が続いております。
京都は盆地ゆえ、元々夏は暑く、冬は底冷えのする土地です。
ですが、今年の夏は特別暑いような気がします。
外を歩くときは汗が噴き出るので、お化粧するのが馬鹿らしくなってしまいます。
そもそも、それほどお化粧はしていませんが。

さて、そんな暑い日のデザートを1つご紹介させていただきます。
吟醸酒の華やかな香りと、柚子の爽やかな香りが相まって、食後のデザートにはぴったりです。
ウエハースの代わりに、八つ橋を脇に添えても京都らしくていいかもしれませんね。


日本酒のシャーベット

材料
水  1カップ
砂糖 60g
柚子 2個
※1吟醸酒 100cc

  1. (1)ユズは皮をすりおろし、果汁を絞ります。
  2. (2)鍋に水と砂糖を入れ、火にかけて煮溶かし、冷まして吟醸酒と(1)を加えます。
  3. (3)(2)を冷凍庫で冷やし固めた後、スピードカッターにかけてシャーベット状にします。これを数回繰り返します。
  4. (4)器に盛り、八ッ橋を添えます。
  5. ★ユズの皮と果汁の量は、好みで加減してもよい。

※1吟醸酒
吟醸かぐや姫
吟醸水のしらべ
京絵巻京の吟醸カップ

気分が乗ってきましたので、もう1つ。

日本酒のプリン

    材料(6~8人分)卵  2個  牛乳  150cc 日本酒 150cc  砂糖  50g

    1. 卵を割ほぐして砂糖を加えて混ぜ、牛乳と日本酒を加えてさらに混ぜ、 一度こして器に注ぐ。 
    2. 電子レンジのうけ皿に均等に並べ、上からラップをして電子レンジで約7分30秒加熱する。
    3. 固まったら冷蔵庫で冷やし、できあがり。
     

電子レンジはメーカーによって設定が違うので、時間等はそれぞれの家庭で調節して下さい(レシピは200Wでのもの)。

電子レンジにかける時間は最初の液の温度によって多少違いが出ます。

牛乳と日本酒の割合は好みにより変えても良い。ただし、牛乳の割合が減るほど 凝固力が弱くなるので、その場合は液体の量を全体的に減らすと良いでしょう。

電子レンジで茶碗蒸し類を作る場合、強いパワーで加熱すると急激に温度が上昇す るため〈す〉が入りやすい。200W(弱)で加熱すると、少々時間がかかるがきれいに仕上がります。 

 

デザートは別腹どす

2007/8/17 金曜日

大文字

Filed under: 若旦那の成長記録 — sinsei @ 9:14:17

昨日は五山の送り火でしたね!

よく「大文字焼きの時は人多いの??」と他の地域の人に聞かれますが

正式名称は「五山の送り火」なんです(知ってる人の方が多いかな??)

五山の送り火はお盆の先祖供養の一般信仰と結びついたもので、お盆に帰ってきた先祖の魂を

再びあの世に送り出すという意味があります。

昨日も雨も降らずに綺麗に見えました☆

最後にお願いです。

みなさん、見てからゴミは散らかさずに所定の場所に捨てましょう!

 

2007/8/10 金曜日

お盆休みについて

Filed under: お知らせ — sinsei @ 10:26:43

いつも、弊社のブログと商品をご贔屓にしていただき、誠にありがとうございます。

さて、弊社の本年度のお盆休みについてですが、

8/11~8/15

となっております。

その間は、お急ぎの商品の発送ができませんので、お急ぎの場合、弊社直営店の「観光案内処」にお問い合せくださいませ

観光案内処
075-622-3110(TEL)

 

2007/8/8 水曜日

奈良漬け

Filed under: 若旦那の成長記録 — sinsei @ 8:56:35

暑い日が続きますねー!

こんな暑い日が続くと毎年恒例の「奈良漬け」の季節がやってきたと感じます。

社長、母、社員と共に瓜を踏み込み粕に漬ける恒例の行事を行ってます。

今年はすごく瓜が小さくてものすごくやりやすかった♪(わかるかな??)

木樽に瓜を敷き詰めていくので瓜は小さいと一杯詰めれるのでやりやすいんです。

敷き詰めてから塩をふる!これがおいしさの秘訣なんです!

今年は胡瓜も1つの木樽専用で作りました!

奈良漬けは食べたことある方いらっしゃると思いますが

踏み込み粕の胡瓜漬けはくせになるおいしさです!

もうすぐできあがるので是非ご賞味ください☆

 

2007/8/6 月曜日

奈良漬けを漬けました(8/3)

Filed under: 事務員日記 — sinsei @ 16:46:19

日に日に暑くなってきました。
蝉の鳴き声が耳にうるさい猛暑の中、奈良漬けの漬け込みが行われました。

社長手づから毎年漬ける奈良漬けは、ご好評頂いております。

踏み込み粕の中に、洗って乾かした胡瓜と瓜を並べ、塩をふってサンドイッチにしていきます。
この日は、事務所中瓜と酒粕のにおいでいっぱい。

踏み込み粕は、ずっしりと重く、また、つけ込みを行う倉は暑いので、体力勝負です。

今年も例年通り、社長が中心となって、奥様と若旦那が頑張ってはりました。

この、十一代源兵衛の漬けた奈良漬けは、当ブログでもお買い上げいただけます。
漬かるまで、もう少しお待ち下さい。

.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°
奈良漬けが漬かりました。
ご購入はこちらから。
↓↓↓↓↓
☆★☆神聖 奈良漬け うり☆★☆

☆★☆神聖 奈良漬け きゅうり☆★☆

.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°.。.:*・°


大量の胡瓜と瓜。
これを踏み込み粕と順番に敷き詰め、漬け込んでいきます。
ちなみに、これは若旦那の手です。


踏み込み粕をたっぷりかぶせて、さらに上から塩をふります。
ちなみに、これも若旦那の手です。


漬け込みの時、その都度瓜と胡瓜に塩をふって、並べていきます。
この手は若旦那ではありません。
社長です。


美味しくなぁれ。

2007/8/2 木曜日

かやぶきの里 美山町の米

Filed under: 若旦那の成長記録 — sinsei @ 9:27:40

夏っ!!!と感じるいい天気が多い季節になってきましたね!

こんないい晴天の気候なら自然いっぱいのかやぶきの里に行きたいなっ!

思いつくとどうしても行動してしまう私は美山にむかってました。

なぜ美山(??)って思う人多いですよね?

 

実は…

京都にしかない米で純京都産のお酒を造りたいっ!

ということで美山町の農家と一緒に京都にしかない酒造好適米「祝」

を作って頂いているのです。(JTB様とのコラボで京都新聞さんにも載ったんですよ!すこし有名人になった気分でした(笑)→これです。

私は米作りなんてしたことない!(小学校の時に田植え、稲刈り体験をした記憶はあるんやけど)

祝米は普通の米より背が高くなるので育てるのが大変。

ほんのお手伝いしかしてませんが米作りって

本当におもろい!

説明が長くなりましたがその祝ちゃん達の成長を見たくて行ったんです。

 

ものすごく伸びてました!性格も曲がらずに真っすぐに。

きっと植えた人がいいんですね(親が見たら誰がやねんっと言われそうです)

この時期から台風がくるかもしれない季節なので心配。

何があっても頑張って育つんやで祝ちゃん♪