清酒(日本酒)の山本本家の商品紹介

2009/8/24 月曜日

山本本家のお酒が飲める店~8件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 13:39:27

本日やってまいりましたのは、

 

♪京橋は~ええとこだっせ~グ〇ンシャトーがおまっせ~

でおなじみの、京橋!

関西人ならみんなが知ってる、大阪にある有名な繁華街です。

 

今回おじゃましましたのは

明ごころ本店 洋食店さん

明ごころさんといえば、有名な立ち飲み屋さんなんですが、洋食・・・?
これは行ってみないといけません!

 

店内は落ち着いた雰囲気の立ち飲み屋さん。
おお、ほんとに洋食メニューだ!

こちらでのお勧めメニューは・・・

とろっとろに煮込んだタンシチューと、さっくさくのガーリックトースト!

立ち飲み屋さんと言えば、おやじっぽいとかマイナスイメージが強いのですが、最近はそうでもないみたいですね。
まさか立ち飲み屋さんで洋食が食べられるようになろうとは・・・。

しかも、かなり本格的なんです!

(なんと12時間もじっくり煮込んだという!!!)濃厚なお味のタンシチューにも香りのいいガーリックトーストにも、
意外と合うのが、後ろに見えます「神聖生貯蔵酒」

お料理の味を邪魔しないスッキリとした辛口です。

洋食に日本酒とかないわ~なんて言わず、一度お試しください。いけます!

 

この日は若いサラリーマンが一人で飲んでいました。

どっかで見たことあるような・・・?

 

明ごころ洋食店のオーナー、シューさんこと冨山修太郎さんです!
ノリのいい若いイケメン店長さん!

しかし料理に対する姿勢は超真剣!

だからこそクオリティの高いお料理が作れるんですね。

女性でも入りやすい洋食スタイルなのもとっても斬新!

京橋はええとこでした。

 

明ごころ本店 洋食店

〒534-0024 
大阪府大阪市都島区東野田町3丁目10-19 サンピアザビル1階(地図)
TEL:06-6351-8415

■平日
ランチ:11:00~13:00
ディナー:17:00~24:00
■土日祝
15:00~24:00

2009/8/4 火曜日

山本本家のお酒が飲める店~7件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 11:52:29

山本本家のお酒は、北は北海道から南は九州まで飲めるということで、今回は北海道に行って参りました。

北海道と言えば 海の幸!

海の幸と言えば寿司!

 

ということで、智鮨さんにおじゃまいたしました。

ででーん

お寿司屋さんとは言うものの、なんともスタイリッシュな造りの建物。

明るくて入りやすい。

怖いおやじもいなさそうです。

 

 

おい、ちょっと待て・・・・いるじゃないか・・・・。

がんこそうな職人がいるぅぅぅ!!!

緊張してちゃんと注文できるか心配。

「いくら丼くらさい」

あぁ緊張しすぎてちゃんと言えませんれした。

ひゃー!宝石箱やぁ~!

 

どいつもこいつもプチプチキラキラしやがって!!

 

テレビ番組で洗脳されているので、北海道=うに・いくらなのです。

実際食べてみると、なるほど。

北海道だからこそ食べられる新鮮な食材。

プチプチ感が全然違います!

お風呂に入れて頭から浸かりたいくらいです。

 

いくらの濃厚な味にはすっきり辛口の日本酒が合います。

夏でも燗という方、結構おられます。

 

 

怖い顔だなぁと思っていたのは当たり前。

海から授かった大事な命を扱っているんですもの。

それをお客様にお出しする料理人ってとっても神聖なお仕事なんだなぁと思います。

 

一人でしっぽり呑むもよし、みんなで語り合いながら呑むもよし。

新鮮な海の幸を豪快かつ繊細にさばく!まさに男の寿司屋です。

 

智鮨

旭川市秋月2条2丁目(地図

0166-48-3498

 

 

 

2009/4/15 水曜日

山本本家のお酒が飲める店 6件目

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 12:04:32

山本本家のお酒が飲める店もようやく6件目。

今日はちょっと足を延ばして東京は新宿にやってまいりました。

 

 

美先さんは、京都・岡崎に本店を持つシンプルモダンな京懐石をテーマにしたまさに大人の隠れ家。
心も体もほっこりさせてくれる、そんなお店です。

 

無駄のないスマートな店内。
洗練された空間でいただく和食はさぞかし・・・。

 

今回はカウンターでのお食事と相成りました。
東京を一望できるカウンターで、何と東京タワーまでみることができるのです!!

ちょっと感動。
京都から来た甲斐がありました。

 

席に着くとお店のロゴの入った手ぬぐいが用意されていました。
お上品な色味の手ぬぐい。
これからめくるめく美食の世界が繰り広げられるのです・・・わくわく。

 

青竹に入った純米吟醸酒が食前酒として出てきました。
吟醸香に青竹の香りが移り、爽やかな気分になります。

食前酒を飲んだことで、食欲が益々湧いてきました。

 

 

先付で一杯。
上品な京料理の味。
大人には分かるこの深い味わい。
やっぱり日本酒が合いますなぁ。

さて、ごはん。
ころんと重量感のある器に乗った豚の味噌漬け。
器がおしゃれなので、女性を連れて行くときっと喜びますよ~うふふ。

一緒にでてきた赤だしが、これまた美味しい!

 

こちらでは、美先さんオリジナルのお酒やかぐや姫が飲めます。
女性にはかぐや姫がお勧め!
何と言っても純米酒なので、お肌にも嬉しいのです。

美先さんのオリジナル酒「純米大吟醸 美先」は、米のコクと香りがしっかりした
含み香の強いお酒。
京懐石を食事する際に合うようにと造られたお酒です。

大人でしっとりお食事するのに最適な空間です。
カップルはもちろん、お仕事帰りに疲れを癒しながらゆっくり飲みたいというお客様にもお勧めです。
京都から来た癒しの和空間。
京都まで行かなくても、本格京懐石が楽しめるお店として、かなりお勧めです。

 

 

京都岡崎 美先・新宿店

〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤ タイムズスクエア14F レストランズパーク(地図

03-5361-2027

ぐるナビ (お店の予約もできます)

2009/3/26 木曜日

山本本家のお酒が買える店~一件目~

Filed under: 店舗紹介, 神聖取扱店舗 (京都), 事務員日記 — sinsei @ 11:25:06

京都東山 八坂の塔を仰ぐ通りに、卯田酒店様があります。

一度はテレビや雑誌で見たことのある京都ならではの光景がそこにあります。

おおー
やっぱこういう光景をみると「京都に来た!」と思えますよね。

八坂の塔を上がる坂の途中、右側に

味のある手書きの掛け看板が。
ひょうたんの絵がかんわいいー!!

卯田光商店さんだ!!

すべて手書きですので、味があって
しかもレトロな感じがめちゃくちゃ可愛い!!

今は春ですので、春らしい店内。
桜色のベールに包まれたお酒も誇らしげ。
あら、こんなところにも可愛らしいタグが。
手から離れていったお酒達が、こうやって可愛がられているとものすごく嬉しいです!!

さくら吟醸もかしこくお座りしてました。
もうそろそろ京都のさくらは本番。
お花見しながらさくら吟醸飲んでほしいですー!

 

こちらは、卯田さんオリジナルの「吟醸しずく」
華やかな香りとフルーティな味わいの吟醸酒です。
なんとこのラベル、卯田さんがデザインをなさったんですよ!
可愛いでしょ!
透明感のあるデザインで、お酒のイメージともぴったりです。

これまた可愛い!!!
まめしぼりに包まれた生貯蔵酒です。
お土産にすると必ず喜ばれますよ!
これは私も一押しの商品。

 

先日、3月20日はここ卯田酒店さんで試飲に立たせていただき、大変お世話になりました。
残念ながら、京都東山花灯路は終わってしまいましたが、これから桜の季節。
ぶらぶら京都散策しながら卯田さんでお酒調達⇒夜桜でお花見

このコースで、京都をめいっぱい楽しむことができますよ!

 

卯田酒店

東山区東大路八坂通東入上田町85
075-561-4173

2009/3/4 水曜日

山本本家のお酒が飲める店~5件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 10:41:32

とうとう5件目です

今回は、すっぽん料理の近善様におじゃましました。

 

すっぽん料理って・・・亀?
某美人姉妹が好んで食べるというあのコラーゲンたっぷりの・・・亀!?

ひぇえええええ

 

亀亀亀亀k・・・
わりと落ち着いた外観。
料亭のようなたたずまい。

ちょっとレトロな感じで、あら?なんだかおしゃれかも。

 

中はまさしく料亭。
ここで亀が・・・・
いやいや、ここは亀のことは忘れよう。

ふと見上げるとひょうたんが天井からかかっています。
落ち着く雰囲気作りは、こういうちょっとしたところからなんですねー。

 

ギャー
目の前でスッポンさんがしめられました。
その生き血を名誉冠のお酒で薄めて、生き血酒。
キー!精がつきそう!!
事前に言っておくと、目の前でしめてくれて生き血をのむことができます。

すっぽんのご冥福をお祈りしつつ、一気飲み。

 

いざお鍋!!
さっきしめられたばかりの内臓だから新鮮!
つやつやぷるん。

さっきまで(生き血)のことを忘れるようなお味。
んーんまい。
いいおだしが出ています。
いいお料理があると、お酒がすすみます。

カップルやご夫婦でのご来店をお勧めいたします!!
もちろん、団体さんも宴会におすすめです!

近善

〒612-0889 京都府京都市伏見区深草直違橋9丁目191 地図
075-641-0858(TEL)

2009/2/9 月曜日

山本本家のお酒が飲める店~4件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 17:43:17

本日は、厨さんにお邪魔いたしました!

 

厨(くりや)というのは、お台所という意味。
名前から、お料理に力が入ってるのが分かります。

 

うおー猫いっぱい!!
こんだけだくさんの猫ちゃんがいたら、お店だけではなく
お客さんにまで福が舞い込みそうです!

「いらっしゃいませ~」

名物店員の和ちゃんです!
笑顔が素晴らしいです。
お店のムードメーカー的存在。
お酒に関する知識もばっちり。
頼りになる店員さんがいると、注文しやすいですよね。

味のある、手書きのお品書き。
パソコンが主流の今、こういう筆の手書きを見るとすごく温かみを感じます。
遊び心のあるお店は、見るもの見るもの楽しいです。

カウンターでは、店員さんとの楽しいお話を肴に飲むのも楽しみ。
目の前に並ぶお惣菜も、すごく美味しそうです。

こちらの名物、出し巻きたまご。
出し巻きたまごという枠をとっぱらって、色々混ぜたり乗っけたり。
ふあふあ~じゅわ~。
口の中でおだしがあふれます。

銀杏もお酒のあてにはぴったり。
やっぱりお料理はビジュアルが大事!
食べるまでの間も目で楽しめます。

 

こちらでは、花清水純米吟醸酒を飲むことができます。
口に含んだ時、米の香りが膨らみ本来の甘みを感じます。
喉を通った時、スッキリとしたのど越しで、口の中には爽やかな米の香りが残るのみ。
雑味はありません。

和食を食べるなら、このお酒がお勧め!!

店長の寺本さん。
味にうるさい店長だからこそ出せる独創的なお料理。
ほとんどのお料理が厨さんオリジナルと言っても過言ではないでしょう。
クリエイティブなお料理を日夜研究してらっしゃいます。

これから付き合うかも・・・な初々しいカップルから、落ち着いた大人のカップルまで
客層を選ばない落ち着いた雰囲気。
むしろ一人でゆっくり飲みたいお店です。

女一人でお酒飲みに行くなんて、おっさんぽくて嫌!
というあなた。
一度来てみてください。
また行こうかなと必ず思える素敵なお店です。

 

厨 

京都府京都市中京区河原町通三条下ル2丁目山崎町258-14 志津屋六角ビル1F 地図
075-212-0250(TEL)
ぐるなび(お店の予約もできます)

 

2009/1/23 金曜日

山本本家のお酒が飲める店~3件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 19:24:18

三件目!!

 

本日は十一屋さんにおじゃましました。

 

木屋町をブラブラしていると・・・あった!!

おおー。ザッツ京都!!
これこれ。
やっぱ京都はこれでしょ!!
これは、中が気になるところ。
これはカップルでいきたーい!!

のれんをくぐって

和風な店内。
この日は盆栽の梅が飾られておりました。

茶色を基調とした、モダンな店内。
ほっこりしますなぁ。
大人の空間と言いますか、ちょっとセレブになった気分になります。

中はカウンターになっております。
料理人の手元や表情、動きを見ながら食事ができます。
鮮やかなその動きに、思わず見とれてしまいます。

ナプキン代わりに、十一屋さんオリジナル手ぬぐいが。
こういうところにも、お店の気遣いやこだわりが垣間見れます。

酒器にまでこだわりが。
こんなん家で出てきますか!?
出てこないでしょ!?
めちゃくちゃお上品です!
まるで貴族です。
これだから、外食はやめられません。

 

一つ一つ炊いてくれる釜飯。
炊たての釜飯についてくるお漬け物にまでこだわりが。

さっぱりと漬けあがったお漬け物。
釜飯のお供だけではもったいない。
これでまたお酒が飲めちゃいます。

 

こういうしっとりした雰囲気のお店で、しっぽり飲みたいですね。
いけない恋愛にも、思わず火がついてしまいそうなお店です・・・。

ちなみに二階はお座敷になっておりますので、宴会や接待なんかにもお使いいただけるそうです。
十一屋さんを選ばれた幹事さん!!センスがいいと、株が上がりますよ~。

十一屋さんでは、十一屋さんオリジナル樽原酒や燗酒、すだち想いがいただけます。
こう寒い日が続いていると、燗酒でキュッっといきたいところ。
京料理をじっくり味わいながら飲む日本酒は最高です。

 

料理長の松浦さん。
こだわり抜いた料理と素材、そして雰囲気。
京料理を愛しているんだなぁというのがその料理からも伝わってきます。
信頼できる料理長さんです!!!

 

鴨川 十一屋

京都市下京区木屋町団栗下る斉藤町138-2 地図
075-351-2655(TEL)

 

 

2009/1/16 金曜日

山本本家のお酒が飲める店~2件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 16:39:27

ようやく2件目!

今回は、すりばち庵さんにお邪魔いたしました。

店内は大人向けのおしゃれな店内。
女性でもしっくりくる、隠れ家的居酒屋さんです。
デートの時にも使えます!!

すりばち庵さんでは、当社の梅想い・ゆず想い・すだち想いが飲めます。
それぞれ日本酒ベースの和リキュールです。
梅想いはすっきり&こっくりした味わいですので、甘いお酒が苦手な男性にもお勧め。
ロックで飲んでもいやな後味が口に残りません。

柚子想いは甘酸っぱいリキュールですが、ちょっとほろ苦い柚子の風味を遠くのほうで感じることができます。
ちょっと甘めのお酒ですので、女性向けかも。
とにかく味はもちろんのこと香りがいいので、一度は飲んで損はないですよ。

すだち想いは、柚子想いより若干さっぱりした感じです。
こちらはどちらかというと男性向け。
爽やかな風味が、口の中をさっぱりさせてくれます。

 

リキュールに最適なメニューは、こちらのつくねにとろろがかかった一品。
ジューシーなつくねにねばとろ~のとろろがかかって、何とも言えない味わいに。

店長の家城さんは、笑顔のまぶしい人でした。

 

〒660-0883 兵庫県尼崎市神田北通2-22-4 尼崎第一ビルB1 地図
06-6412-2255(TEL)

すりばち庵(ぐるなび:お店のブログもあります。)

2008/12/12 金曜日

山本本家のお酒が飲めるお店~1件目~

Filed under: 店舗紹介, お知らせ — sinsei @ 11:42:01

山本本家のお酒が飲める店シリーズ第一弾です。

今回は「焼き肉ホルモン いち」さんです。

 

 

店内は清潔感あふれる白の壁紙。
家具は黒と、モノトーンでシックな店内。
なんと、デザイナーがデザインした内装だそうです。

これならデートでもいい感じです。
この日は、ご家族連れのお客様が来られていました。

 

こちらでは、いちさんオリジナル「生貯蔵酒 いち」が飲めます!
お肉とも相性のいいすっきりとした辛口で、後味のキレがいいお酒です。

いちさんでは、こだわりのお肉が召し上がっていただけます。
「肉には自信あります」とおっしゃられるだけあって、さすが・・おいしいです。

 

こちらが店長の玉樹さん。
ちょい渋のイケメン店長さんが、迎えてくれます。

忘年会・新年会にぜひ!
場所は

京都市山科区東野門口町26-5 地図
075-582-2919(TEL)

焼き肉・ホルモン いち

2008/6/30 月曜日

原酒グラスプレゼントキャンペーン

Filed under: 店舗紹介 — sinsei @ 14:23:48

とうとう梅雨入りして、京都の夏が始まろうとしています。
家の中も暑い
外に出ても暑い
電車に乗っても暑い

寝転がっても、立っていても汗がジワジワ出てきます。

冷たく冷やした飲み物食べ物が恋しい季節。
そこで、ひんやり冷やして、かつ、夏の料理に合いそうなお酒を今回ご紹介させていただきます。

 

お肉などのこってりした料理には
↓  ↓  ↓

源ベエの原酒

これからの季節、バーベキューのお供に。
ビールと一緒にクーラーで冷やして、キリッと冷たく冷やした原酒を
お肉の脂と、原酒の濃淳辛口の味わいがマッチします。
鳥せいでも人気の原酒ですよ!!
日本酒の概念が変わるお酒です。

720ml、1.8Lがございます。

 

白身魚、鱧などのさっぱりとしたお料理には
↓ ↓ ↓

吟醸 水のしらべ

サラサラと飲める、女性好みの吟醸酒。
ワインの様な飲み口で、花のような吟醸香が特徴。
冷やしすぎるよりも、ややひんやり感を感じる程度に冷やして召し上がって頂いた方が
香りや味わいを十分に楽しんでいただけるかと思います。
300ml、720mlがございます。

 

 

食欲のない時、食前酒として
↓ ↓ ↓
すだち想い 柚子想い

 

夏ばて気味かなーと感じたら、食前に甘酸っぱいお酒で胃を活性化。
清々しいすだちの香りが爽やかなすだち想いと、
香り高いゆずの香りが心身共にリフレッシュさせてくれる柚子想い。
夕涼みのお供にもいかがでしょうか。
ストレートはもちろん、ロックやソーダ割にしていただいても美味しく召し上がれます。

500mlのみ

 

冷奴や冷やしトマト、水なすのお漬物などの野菜料理に
↓ ↓ ↓

 

吟醸生貯蔵酒 かぐや姫

香りゆたかな吟醸酒と、すっきりした生貯蔵酒のいいとこどりした吟醸生貯です。
見た目もかわいらしく、女性好みの味と見た目となっております。
夏野菜と一緒に召し上がっていただくのがおススメです。

300ml、180mlがございます。

日本酒は冬呑むもんだ!という考えは、この際無くしてください。
冷たく冷やして召し上がっていただきますと、思ったよりも飲みやすく、食欲も増進しますので、
夏ばて防止に一役かいますよ。
ただ、飲みやすいので飲みすぎには注意してください。

 

さて、夏のキャンペーンです

源ベエの原酒をお買い上げいただきましたお客様に、もれなく

原酒グラスをプレゼント!!

期間は、7/1~7/15まで
グラスも冷たく冷やして、夏の疲れを癒してください。