清酒(日本酒)の山本本家の商品紹介

2011/5/12 木曜日

うなぎに合う日本酒

Filed under: 事務員日記, 料理に合う日本酒, 商品紹介 — sinsei @ 14:08:17
 うなぎに合う日本酒 ■

日本では夏の土用の丑の日にを食べる習慣があります。

にはビタミンA、ビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ・食欲減退防止にもなります。 

そこで、山本本家では「うなぎに合う日本酒を見つけよう」と、呑み切りサイズで気軽に飲める小瓶で探りました。

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・

創業延宝5(1677)

 

清酒神聖 松の翆 山本本家

 

京都市伏見区上油掛町36-1 

TEL075-611-0211

http://www.yamamotohonke.jp
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

 

 

 

 

 

2009/10/10 土曜日

山本本家の秋・冬と言えば!

Filed under: お知らせ, 事務員日記 — sinsei @ 16:21:09

山本本家の秋冬の風物詩、たれ口の発売予定日が決まりました。

 

本年は

 

11月10日

 

楽しみですね~!

 

ホームページでは10月末頃から先行予約受付を開始致します。

今しばらくお待ちください。

 

 

2009/9/30 水曜日

今年の秋の京都のイベントスケジュール

Filed under: イベント情報, 事務員日記 — sinsei @ 10:30:45

秋になって、外に出るのが清々しく気持ちよくなってまいりました。

秋はハイキングや行楽に最適な季節。

秋の伏見を散策するのにもってこいです。

 

さて、今私が分かる範囲でこの秋の京都のイベント情報をお伝えしたいと思います。

 

10月1日(木)~5日(月)
北野天満宮
ずいき祭り
大小2基の神輿の屋根はすべて「ずいき」(里芋の茎)で出来ています。
全体の飾り付けは唐辛子・ホオズキ・トウモロコシ・カボチャなどや乾物類、乾燥した花など。

 

10月3日(土)~10月11日(日)
御香宮
神幸祭
室町時代の風流傘の伝統を今に伝え「花傘まつり」といわれる洛南の大祭。別名「伏見祭」。花傘総参宮(10日)に始まり、神輿や武者行列・神輿宮入(11日)などが催されます。大手筋商店街の中を、花笠を持った人々が練り歩く華やかなお祭りですよ!
派手好みの太閤はんらしいお祭りです。
御香宮では屋台も出て、大盛り上がりの1週間。伏見をあげてのお祭りですので、盛大にとりおこなわれます。

 

10月11日(日)~10月13日(火)
壬生寺
壬生狂言
壬生狂言は、鎌倉時代に融通念仏の教えを
一般の人たちにわかりやすく身振り手振りで説いたのが始まりといわれ、
わが国でも珍しい仏教無言劇。
鉦や太鼓、笛の音に合わせてひなびた面をつけた人たちが演じていく。

10月17日
伏見
酒サムライ
全国の蔵元が京の酒どころ伏見に集結!
300蔵が揃い踏み。

10月19日(月)
野宮神社
野宮神社例祭
源氏物語で有名な野宮神社から嵐山保津川岸まで
華やかな衣裳を身につけた人々の行列が、平安時代の王朝絵巻を再現します。

10月22日(木)
由岐神社
鞍馬の火祭り
京都の三大奇祭のひとつで、京都市登録無形民俗文化財です。
男達の担ぐ、約200本もの松明が、仁王門前の石段に勢揃いし、
一面炎に包まれる光景は迫力があります。

 

10月22日(木)
時代祭
代祭は、祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられています。
維新勤王隊列を先頭に、江戸~延暦の各時代の衣裳をまとった行列が華やかに巡行します。
参加人数は総勢2,000名、その行列の長さは約2kmにもわたります。
およそ1時間半に及ぶ1000余年の歴史絵巻を、お楽しみください。

 

そして!
忘れてはいけないのが、伏見銘酒組合で毎年開催されております、酒蔵開き!
今年のスケジュールは下記の通り。



秋は京都のお祭りが目白押し!

もみじにはまだちょっと早いですが、息抜きに京都に来て、是非お祭りに参加してください!

2009/8/24 月曜日

山本本家のお酒が飲める店~8件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 13:39:27

本日やってまいりましたのは、

 

♪京橋は~ええとこだっせ~グ〇ンシャトーがおまっせ~

でおなじみの、京橋!

関西人ならみんなが知ってる、大阪にある有名な繁華街です。

 

今回おじゃましましたのは

明ごころ本店 洋食店さん

明ごころさんといえば、有名な立ち飲み屋さんなんですが、洋食・・・?
これは行ってみないといけません!

 

店内は落ち着いた雰囲気の立ち飲み屋さん。
おお、ほんとに洋食メニューだ!

こちらでのお勧めメニューは・・・

とろっとろに煮込んだタンシチューと、さっくさくのガーリックトースト!

立ち飲み屋さんと言えば、おやじっぽいとかマイナスイメージが強いのですが、最近はそうでもないみたいですね。
まさか立ち飲み屋さんで洋食が食べられるようになろうとは・・・。

しかも、かなり本格的なんです!

(なんと12時間もじっくり煮込んだという!!!)濃厚なお味のタンシチューにも香りのいいガーリックトーストにも、
意外と合うのが、後ろに見えます「神聖生貯蔵酒」

お料理の味を邪魔しないスッキリとした辛口です。

洋食に日本酒とかないわ~なんて言わず、一度お試しください。いけます!

 

この日は若いサラリーマンが一人で飲んでいました。

どっかで見たことあるような・・・?

 

明ごころ洋食店のオーナー、シューさんこと冨山修太郎さんです!
ノリのいい若いイケメン店長さん!

しかし料理に対する姿勢は超真剣!

だからこそクオリティの高いお料理が作れるんですね。

女性でも入りやすい洋食スタイルなのもとっても斬新!

京橋はええとこでした。

 

明ごころ本店 洋食店

〒534-0024 
大阪府大阪市都島区東野田町3丁目10-19 サンピアザビル1階(地図)
TEL:06-6351-8415

■平日
ランチ:11:00~13:00
ディナー:17:00~24:00
■土日祝
15:00~24:00

2009/8/4 火曜日

山本本家のお酒が飲める店~7件目~

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 11:52:29

山本本家のお酒は、北は北海道から南は九州まで飲めるということで、今回は北海道に行って参りました。

北海道と言えば 海の幸!

海の幸と言えば寿司!

 

ということで、智鮨さんにおじゃまいたしました。

ででーん

お寿司屋さんとは言うものの、なんともスタイリッシュな造りの建物。

明るくて入りやすい。

怖いおやじもいなさそうです。

 

 

おい、ちょっと待て・・・・いるじゃないか・・・・。

がんこそうな職人がいるぅぅぅ!!!

緊張してちゃんと注文できるか心配。

「いくら丼くらさい」

あぁ緊張しすぎてちゃんと言えませんれした。

ひゃー!宝石箱やぁ~!

 

どいつもこいつもプチプチキラキラしやがって!!

 

テレビ番組で洗脳されているので、北海道=うに・いくらなのです。

実際食べてみると、なるほど。

北海道だからこそ食べられる新鮮な食材。

プチプチ感が全然違います!

お風呂に入れて頭から浸かりたいくらいです。

 

いくらの濃厚な味にはすっきり辛口の日本酒が合います。

夏でも燗という方、結構おられます。

 

 

怖い顔だなぁと思っていたのは当たり前。

海から授かった大事な命を扱っているんですもの。

それをお客様にお出しする料理人ってとっても神聖なお仕事なんだなぁと思います。

 

一人でしっぽり呑むもよし、みんなで語り合いながら呑むもよし。

新鮮な海の幸を豪快かつ繊細にさばく!まさに男の寿司屋です。

 

智鮨

旭川市秋月2条2丁目(地図

0166-48-3498

 

 

 

2009/6/15 月曜日

ご当選者発表!!

Filed under: イベント情報, お知らせ, 事務員日記 — sinsei @ 11:26:25

第二回 父の日特別抽選会のご当選者の発表をいたします!

 

今回も、たくさんのご注文をいただきました!

本当にありがとうございます。

厳正なる抽選(あみだくじ)の結果、決まりました!!

 

 

じゃじゃん!!!

 

 

福岡県にお住まいのK.G様!!!

おめでとうございます!

 

父の日に合わせて、賞品を発送させていただきます!

ちなみに、今回の賞品は

梅雨のじめじめした日に、スッキリとした生貯蔵酒をキンキンに冷やして冷酒グラスでグビリ・・・。
水茄子のお漬け物と一緒に一杯やりながら涼をとる。

なんていう夏のワンシーンを想像しながら決めました。

 

神聖生貯蔵酒300ml1本と、神聖冷酒グラス1個の夏にぴったりなセットをお送りさせていただきます!!

 

たくさんのご注文ありがとうございました。

2009/6/3 水曜日

☆新商品できました☆

Filed under: お知らせ, 事務員日記 — sinsei @ 9:27:28

人気のリキュールに、新しい仲間ができました。

なんと昔ながらの味、サイダーと日本酒のコラボレーション。

【京都サイダー お酒どす】

サイダーの炭酸と日本酒が意外に合うんです。

つめたーく冷やして、パーティやアウトドアで飲んでいただくのにぴったり!!
爽やかな炭酸が喉を抜け、ほのかに香る日本酒の香味がサイダーと混ざり合い、今までになかった後味です。

プルトップですので開けやすく、250mlなので飲み切りサイズです。

日本酒と聞くと癖があって飲みにくい。

敷居が高い。

というイメージがあるかもしれませんが、サイダーとブレンドすることでスッキリ飲みやすく、かつカジュアルに飲めるリキュールとなりました。

 

また、お料理を問わず美味しく召し上がっていただけますので、
四季を通じて、夏はバーベキュー、冬はお鍋と様々な場に溶け込める器用な子です。

ただし!!
サイダーと申しておりますが、れっきとしたお酒です。
お子様のお口に入るのはまだ早うございますので、十分に御注意くださいませ。

京都サイダー お酒どす250ml

2009/4/27 月曜日

似顔絵ラベルができました

Filed under: お知らせ, 事務員日記 — sinsei @ 11:21:22

似顔絵ラベル

 

 

 

大切で大好きなお写真を、似顔絵にして贈り物にしてみませんか?

母の日、父の日、お誕生日、御祝、ご結婚

様々なシーンでお使いいただけ、それはきっと最高の贈り物になることでしょう。

送る側も送られる側も喜べる商品だと思います。

 

お写真の画像をお送りいただくか、お写真そのものをお送りいただき、
それに基づき、アーティストが心を込めて一枚一枚手描きで仕上げます。

(お写真の原本をお送りいただく際は、配達証明でお送りくださいますようお願い申し上げます。
配達証明でお送りいただいてない場合の紛失等の責任は負いかねますので、データでお送りいただくことをお勧めいたします。)

 

お写真が到着して最短でも1週間かかりますので、できるだけお時間に余裕を持ってご注文くださいますようお願いいたします。

 

お酒は大吟醸となっております。
辛口ですっきりとしているかと思いきや、大吟醸ならではの深い味わいとコクが楽しめる逸品。
燗にしてもよし、冷たく冷やしても良し。

2009/4/21 火曜日

春の祇園を思わせるお酒 京祇園

Filed under: お知らせ, 事務員日記 — sinsei @ 13:44:35

桜がすっかり散ってしまい、今は時折ハラリハラリと落ちる桜の花びらで、春の余韻を感じるだけとなってしまいました。

京都祇園の春はそろそろ終わってしまいますが、まだもう少し春の気分に浸っていたいですよね。

春の思い出を懐古しつつお酒を飲んでいただきたい。

そんな思いからできたお酒です。

 

「京都産祝米100%使用 純米大吟醸 京祇園720ml」

 

はんなりとした京都の雰囲気と、芯のしっかりした京都の女性を彷彿させるしっかりとしたお味です。
幻の酒造好適米「祝米」のみを使用し、香り高く味わい深い逸品に仕上げました。

祝米とは・・・?
詳しい説明はここへ!⇒伏見酒造組合

お味は、米の香りをしっかり保ちつつ、すっきりとしたのど越し
辛口ですので、飲みやすくなっております。

 

アルコール度数  14.8度
日 本 酒 度   +4(やや辛口)
ア ミ ノ 酸 度    1.8
酸     度    1.4
精 米 歩 合   50%

 

お好みにもよりますが、夏の頃まで冷暗所で寝かせていただきますと、非常にまろやかでさらに深いコクを味わうことができます。

なくなり次第終了とさせていただきますが、5月いっぱいまではご用意できるかと思います。
お勧めの飲み方ですが、冷たく冷やして~常温がお勧め。

山菜や筍等の春の旬の食材はもちろん、初夏のハモと一緒に召し上がっていただくのもおすすめです!

2009/4/15 水曜日

山本本家のお酒が飲める店 6件目

Filed under: 店舗紹介, 事務員日記 — sinsei @ 12:04:32

山本本家のお酒が飲める店もようやく6件目。

今日はちょっと足を延ばして東京は新宿にやってまいりました。

 

 

美先さんは、京都・岡崎に本店を持つシンプルモダンな京懐石をテーマにしたまさに大人の隠れ家。
心も体もほっこりさせてくれる、そんなお店です。

 

無駄のないスマートな店内。
洗練された空間でいただく和食はさぞかし・・・。

 

今回はカウンターでのお食事と相成りました。
東京を一望できるカウンターで、何と東京タワーまでみることができるのです!!

ちょっと感動。
京都から来た甲斐がありました。

 

席に着くとお店のロゴの入った手ぬぐいが用意されていました。
お上品な色味の手ぬぐい。
これからめくるめく美食の世界が繰り広げられるのです・・・わくわく。

 

青竹に入った純米吟醸酒が食前酒として出てきました。
吟醸香に青竹の香りが移り、爽やかな気分になります。

食前酒を飲んだことで、食欲が益々湧いてきました。

 

 

先付で一杯。
上品な京料理の味。
大人には分かるこの深い味わい。
やっぱり日本酒が合いますなぁ。

さて、ごはん。
ころんと重量感のある器に乗った豚の味噌漬け。
器がおしゃれなので、女性を連れて行くときっと喜びますよ~うふふ。

一緒にでてきた赤だしが、これまた美味しい!

 

こちらでは、美先さんオリジナルのお酒やかぐや姫が飲めます。
女性にはかぐや姫がお勧め!
何と言っても純米酒なので、お肌にも嬉しいのです。

美先さんのオリジナル酒「純米大吟醸 美先」は、米のコクと香りがしっかりした
含み香の強いお酒。
京懐石を食事する際に合うようにと造られたお酒です。

大人でしっとりお食事するのに最適な空間です。
カップルはもちろん、お仕事帰りに疲れを癒しながらゆっくり飲みたいというお客様にもお勧めです。
京都から来た癒しの和空間。
京都まで行かなくても、本格京懐石が楽しめるお店として、かなりお勧めです。

 

 

京都岡崎 美先・新宿店

〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤ タイムズスクエア14F レストランズパーク(地図

03-5361-2027

ぐるナビ (お店の予約もできます)